近藤 芳正(こんどう よしまさ) DVD

 (Yoshimasa Kondo)

 プロフィール ドラマ・映画・出演作品


俳優・近藤芳正(Yoshimasa Kondo)の出演ドラマ・映画やプロフィール(本名、生年月日、血液型、身長、体重、スリーサイズ、靴のサイズ、出身地、出身校、所属事務所、趣味、特技、写真集、DVD、出演ドラマ・映画、ツイッター、インスタグラム、ほか)。近藤芳正が出演した最近のドラマ:ダブルス、ようこそわが家へ、ノンママ白書、西郷どん、なつぞら、大豆田とわ子と三人の元夫、カムカムエヴリバディ、ほか

テレビドラマ・映画 キャスト(出演者) TOP>>か行で始まる俳優
>>近藤芳正



近藤芳正 出演映画
「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」



彼氏なし、仕事は単調、あと数日で20代が終わる荻野那奈(武田梨奈)は、親友が寿退社をすることを社内の挨拶で知り、親友としても独身仲間としても二重に裏切られたようなショックを受ける。

その日いつも通り帰宅した那奈の部屋に突如、銀行強盗の逃走犯3人が押し入り拘束される。

三十路前に人生終わりかと思った矢先にその強盗団の異変に気付く。

覆面のまま自分たちの犯行の様子をカメラで撮影している風間拓人(久保田悠来)と今カノの笹川麗良(佐生雪)と元カノの栗原葵(酒井美紀)の3人は全く銀行強盗っぽくなく、今カノと元カノは気まずい雰囲気・・・。

一体この3人の目的は・・・?


近藤芳正 出演映画
「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」
詳細を見る  >>


 「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」 予告  >> 
You Tube



サイト内検索
 
サイトマップ



俳優リンク
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行



【近藤芳正のプロフィール】

氏名 近藤 芳正(こんどう よしまさ)
本名
生年月日 1961年8月13日
血液型 AB型
身長 171cm
体重
スリーサイズ 96 - 78 - 92cm
靴のサイズ 26.0cm
出身地 愛知県名古屋市瑞穂区
出身校 日本福祉大学付属高等学校卒業
所属事務所 松竹エンタテインメント
趣味・特技
DVD 近藤芳正 DVD(楽天) 近藤芳正 DVD(アマゾン)
最近のドラマ ダブルスようこそわが家へノンママ白書西郷どんなつぞら、大豆田とわ子と三人の元夫、カムカムエヴリバディ、ほか
最近の映画 WOOD JOB! 神去なあなあ日常紙の月D坂の殺人事件ホテルコパン屋根裏の散歩者獣道リングサイドストーリークジラはクジラで、泳いでいる。三十路女はロマンチックな夢を見るか?記憶にございません!喝 風太郎!!人間失格 太宰治と3人の女たち決算!忠臣蔵蒲田前奏曲くれなずめバイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら、ほか
備考 1976年、「中学生日記」でデビュー。 近藤芳正 公式サイト 近藤芳正 Instagram 近藤芳正 Twitter

 恋愛ドラマ DVD   刑事ドラマ DVD   医療ドラマ DVD 
 コメディードラマ DVD   アクションドラマ DVD   ミステリードラマ DVD 
 学園ドラマ DVD   ホームドラマ DVD   SFドラマ DVD 




【近藤芳正の主なドラマ・映画】

 紙の月  >>

出演:宮沢りえ、平祐奈池松壮亮大島優子田辺誠一近藤芳正、大西武志、佐々木勝彦、天光眞弓、伊勢志摩、藤本泉、石橋蓮司、中原ひとみ、小林聡美、ほか
バブル崩壊直後の1994年。夫と二人暮らしの主婦・梅澤梨花(宮沢りえ)は、銀行の契約社員として外回りの仕事をしている。細やかな気配りや丁寧な仕事ぶりによって顧客からの信頼を得て、上司からの評価も高い。何不自由のない生活を送っているように見えたのだが、自分への関心が薄い夫との間には、空虚感が漂いはじめていた。そんなある日、年下の大学生・平林光太と出会う。光太と過ごすうちに、ふと顧客の預金に手をつけてしまう梨花。最初はたった1万円を借りただけだったが、その日から彼女の金銭感覚と日常が少しずつ歪み始める・・・。(2015年、映画)
近藤芳正:井上佑司役

 カムカムエヴリバディ  >>

出演:上白石萌音、深津絵里、川栄李奈甲本雅裕西田尚美濱田岳大和田伸也、鷲尾真知子、段田安則YOU、松村北斗、村上虹郎、西川かの子、岡田結実、小野花梨、浅越ゴエ、小牧芽美、さだまさし、村雨辰剛、世良公則、前野朋哉、紺野まひる、堀部圭亮、宮嶋麻衣、中川聖一朗、徳井優、若井みどり、武井壮、オダギリジョー市川実日子、早乙女太一、村田雄浩、濱田マリ近藤芳正、笑福亭笑瓶、ほか
安子(上白石萌音)るい(深津絵里)ひなた(川栄李奈)と母から娘へとバトンをつなぐ三世代100年のファミリーストーリー1925(大正14)年、日本でラジオ放送が始まった日、岡山市内の和菓子屋で安子が生まれた。あんこの甘い香りに包まれたあたたかい家族との幸せが、ずっと続くことを願っていた。さまざまな試練が安子に舞い降りるが、ラジオの英語講座との出会いが、安子の未来を切り開いていく。昭和から平成、そして令和へ。その時代時代の試練にぶちあたるが、自分らしい生き方を不器用ながらも、3人のヒロインが違うあり方で見いだしていく。そして、彼女らのかたわらには、ラジオの英語講座があった。(2021年~2022年、NHKテレビ、連続ドラマ)
近藤芳正:木暮洋輔役 ジャズ喫茶のオーナー。

 大豆田とわ子と三人の元夫  >>

出演:松たか子松田龍平、角田晃広、岡田将生、豊嶋花、岩松了市川実日子高橋メアリージュン、弓削智久、平埜生成、穂志もえか、楽駆、近藤芳正、石橋静河、石橋菜津美、瀧内公美、オダギリジョー、ほか
大豆田とわ子(松たか子)は、建設会社「しろくまハウジング」の社長に就任し、最初の夫・田中八作(松田龍平)との間に生まれた中学3年生の娘・唄(豊嶋花)と暮らしている。ある日、亡くなった母親のパソコンを開こうとしたが、パスワードが設定されていることに気付く。どうやら、別れた夫のうちの誰かが設定したらしい。元夫のうち、今でも定期的に顔を合わせるのは、とわ子の会社の顧問弁護士で、3番目の夫・中村慎森(岡田将生)。2番目の夫はファッションカメラマンの佐藤鹿太郎(角田晃広)。そして最初の夫である八作は、レストラン「オペレッタ」のオーナー兼ギャルソンになっていた。とわ子は、一人ずつ元夫のもとを訪ねていくことにする。とわ子のパスワード確認がきっかけとなり、互いに接点を持つことになる元夫たち。さらに、ひょんなことから集まった3人がとわ子をめぐって話し合いを始める・・・。(2021年、フジテレビ、連続ドラマ)
近藤芳正:六坊仁役 「しろくまハウジング」の社員。とわ子の良きアドバイザー。

 白い巨塔  >>

出演:岡田准一松山ケンイチ沢尻エリカ夏帆満島真之介飯豊まりえ徳永えり八嶋智人高島礼子市川実日子小林稔侍近藤芳正美村里江椎名桔平斎藤工山崎育三郎、向井康二、柳葉敏郎岸本加世子浅田美代子市毛良枝岸部一徳松重豊小林薫寺尾聰、ほか
腹腔鏡手術のスペシャリストとして医学界に名を馳せる、浪速大学医学部第一外科・准教授の財前五郎(岡田准一)。逞しい体と精悍な顔つきに加え気さくな人柄は、付属大学の学生や医局員たちに慕われ、浪速大学のスター准教授として君臨していた。ある夜、浪速大学・滝村名誉教授(小林稔侍)の喜寿を祝うパーティの最中、「スペ患」である近畿新聞会長・山田音市(本田博太郎)の容態が急変。膵がんを患う山田は、執刀医に財前を指名する。本来、山田は第一外科・東貞蔵教授(寺尾聰)の「スペ患」。上司である東を差し置いて自分が執刀するわけには・・・と躊躇いを見せる財前だったが、心の中では期せずして舞い込んだチャンスにほくそ笑んでいた。手術は無事成功し、財前には山田から高級ワインと数百万の現金が贈られる。財前によって自分の「スペ患」が救われたことに、表面上では平静を装いながらも、東はその事実を苦々しく受け止めているのだった・・・。そんな中、浪速大学医学部では東の退官に伴う教授選挙が近づいていた。「君を次期教授に推薦しようと思う」そう、恩着せがましく財前に囁く東だったが、その実、腹の内では財前ではない人物を、と考え始めていた。(2019年、テレビ朝日、連続ドラマ)
近藤芳正:葉山幸彦役 産婦人科教授。次期第一外科教授選選考委員会委員。鵜飼派。


 必殺仕事人 2019  >>

出演:東山紀之松岡昌宏知念侑李伊藤健太郎飯豊まりえ、山下容莉枝、袴田吉彦、河相我聞、松井玲奈、林家正蔵、近藤芳正、村杉蝉之介、小手伸也遠藤憲一キムラ緑子中越典子松尾諭生瀬勝久和久井映見西田敏行、ほか
平成の最後を飾る本作で、仕事人の敵となるのは貧しくても懸命に生きる若者を食い物にして私腹を肥やす極悪非道な商人・上総屋清右ヱ門(西田敏行)。ひたすらマジメに働く若者の商才を利用しようと罠を仕掛ける。商人に目をつけられてしまったがために、幸せな日々が一転、運命に翻弄されることになる若者・弥吉(伊藤健太郎)と、彼を支える許嫁・おたね(飯豊まりえ)、二人の運命やいかに・・・?(2019年、テレビ朝日、連続ドラマ)
近藤芳正:蘇我屋忠兵衛役 大店の主人。上総屋の指示で深川長屋の立ち退きを飛鳥一家に命じた黒幕。

 なつぞら  >>

出演:広瀬すず岡田将生草刈正雄松嶋菜々子藤木直人、清原翔、福地桃子、小林隆音尾琢真安田顕、仙道敦子、高畑淳子山田裕貴吉沢亮、犬飼貴丈、戸次重幸、小林綾子、柄本佑、中原丈雄、北乃きい、山口智子比嘉愛未近藤芳正戸田恵子リリー・フランキー井浦新貫地谷しほり小手伸也、川島明、渡辺麻友、伊原六花、中川大志染谷将太木下ほうか、角野卓造、工藤阿須加、鈴木杏樹、ほか
1946(昭和21)年初夏、戦争が終わり、奥原なつ(粟野咲莉・広瀬すず)は父の戦友・柴田剛男(藤木直人)に連れられ、北海道・十勝にやって来た。戦災孤児のなつを受け入れた酪農一家・柴田家は、北陸からの開拓移民。剛男となつの父とは戦友で、もしもの時は、お互いの家族の面倒を見るという約束をしていた。剛男の父・泰樹(草刈正雄)は、なつを厄介者と言いながらも内心不憫に思っていた。子どもながらに覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳絞りを懸命に手伝う。なつの頑張りに心を動かされた泰樹は、生きる術をとことんたたき込む。やがて、なつは素敵な馬の絵を描く少年・山田天陽(吉沢亮)と出会う。天陽から当時、アメリカではやっていた漫画映画の魅力を教えられ、「絵が動く」夢のような世界があるのかと感動する。高校生になったなつは、生き別れていた兄が東京で働いていると知らされ・・・。(2019年、NHKテレビ、連続ドラマ)
近藤芳正:野上健也役 「川村屋」のギャルソン。若いマダムの後見役で、店の経営を取り仕切る。彼の言葉には常に皮肉とユーモアがあり、いつもニヤニヤと不吉な笑みを浮かべている。

 西郷どん  >>

出演:鈴木亮平北川景子瑛太黒木華桜庭ななみ、渡部豪太、塚地武雅風間杜夫平田満松坂慶子高梨臨北村有起哉高橋光臣、堀井新太、沢村一樹、南野陽子、小柳ルミ子、鹿賀丈史青木崇高戸田菜穂徳井優渡辺謙二階堂ふみ錦戸亮美村里江、井戸田潤、田中道子、藤木直人、尾上菊之助、又吉直樹、竜雷太佐野史郎伊武雅刀、大村崑、水野久美、藤真利子、増田修一朗、大野拓朗近藤芳正、ほか
坂本龍馬曰く「小さく叩けば小さく響き、大きく叩けば大きく響く男。もし馬鹿なら大馬鹿で、利口なら大利口だ」それが西郷隆盛(鈴木亮平)。日本史上、最もスケールの大きな男。知ってるつもりの「西郷隆盛」像をぶち壊し、誰も描かなかった愛すべき「人間西郷」を描きます。決して聖人君子ではない。純粋な子供そのものの面と、はかりごとを始めると悪辣(あくらつ)な事をいくらでも思いつく頭脳を兼ね備えている。しかし、西郷という個性の男を以てしなければ、新しい日本は生まれなかった。その素顔は謎に満ちていて、肖像写真は一枚も残されていない。幕末に輝いた唯一無二の愛すべき個性が、いかに育まれたのか?愛らしさ、人間臭さ、たくましさ、ユーモア、そして家族や友への深い愛・・・。「西郷どん」の生命力あふれる波乱の生涯が、愛にあふれた家族の物語となり、エネルギッシュにみずみずしくふるさと薩摩から動き出す。 (2018年、NHKテレビ、連続ドラマ)
近藤芳正:田中雄之介役 薩摩藩士。島代官。

 真犯人  >>

出演:上川隆也小泉孝太郎内田有紀甲本雅裕田中要次、浜田学、森岡龍、清水伸、長野里美、モロ師岡近藤芳正尾美としのり、北見敏之、でんでん高嶋政伸、ほか
平成20年、静岡県の国道高架下で須藤勲(尾美としのり)の殺人事件が発生。この事件を捜査する静岡県警富士裾野署の刑事・日下悟(小泉孝太郎)は、須藤が昭和49年に離婚した妻との間にできた、当時静岡在住の幼い息子・尾畑守を誘拐殺人事件で亡くしていたことを知る。この事件は時効成立の1年前となる昭和63年に、静岡県警本部長の榛康秀(高嶋政伸)の指示により特別捜査班を編成。ノンキャリアながら警視にまで昇進した重藤成一郎(上川隆也)が管理官となり、有能な刑事6人を率いて再捜査が行なわれた。それから20年後に東京在住の須藤が静岡で殺されたことを不可解に感じる日下は、昭和の誘拐殺人事件を掘り下げることが須藤殺害の解明につながると直感し、警察から離れて久しい重藤を訪ねて事件解決の手掛かりを探る。(2018年、WOWOW、連続ドラマ)
近藤芳正:佐藤文也役 駿河新報の記者。



 潜入捜査アイドル・刑事ダンス  >>

出演:中村蒼大東駿介横浜流星森永悠希、立花裕大、青山美郷、福地桃子、野間口徹近藤芳正升毅片岡鶴太郎、ほか
物語の主役は芸能界で起きている事件を解決するために場当たり的に組まされた潜入捜査アイドル「デカダンス」。新人刑事の辰屋すみれ(中村蒼)は刑事ドラマに出てくるような熱血刑事(デカ)になることを夢見ていた。しかし、上司からの初命令は事件捜査のためアイドルとしてある番組に潜入することだった・・・。しかも、急遽組んだメンバーは元詐欺師・コミュ障の引きこもり・売れない元子役・超バカなど、個性豊か過ぎる面々・・・。最初は芸能界という特殊な世界に戸惑い衝突しながらも、事件を解決するたびに何故か売れていってしまう「デカダンス」。そして、徐々に増してくるアイドルとしての自覚!!背後には謎の巨悪が!なぜか感動のステージも待っている!(2016年、テレビ東京、連続ドラマ)
近藤芳正:篠原役 警視庁警備部特殊芸能課長

 毒島ゆり子のせきらら日記  >>

出演:前田敦子新井浩文渡辺大知中村静香、八木将康、前田公輝、諸見里大介、今藤洋子、友川カズキ、山崎銀之丞、高木渉、橋爪淳、近藤芳正片岡鶴太郎、ほか
超・恋愛体質な主人公・毒島ゆり子(前田敦子)。彼女には、ある極端な恋愛ルールがあった・・・。大物政治家の番記者としてがむしゃらに働きながら、プライベートでは奔放な恋愛を満喫していた主人公が、一人の魅力的な男性と出会い、恋におち、壮絶な最後を迎えるまでを描くドロドロエンターテインメント。二股恋愛や不倫といった恋愛の大テーマのど真ん中に設定を置きながらも、深夜ドラマらしく今の若い女性たちが持つまさに「せきらら」な恋愛観や仕事の悩みをリアルに描写した話題作。(2016年、TBSテレビ、連続ドラマ)
近藤芳正:安斎吾郎役 あけぼの新聞・誠心党記者クラブキャップ。

 ようこそ、わが家へ  >>

出演:相葉雅紀沢尻エリカ有村架純佐藤二朗山口紗弥加眞島秀和堀内敬子足立梨花、藤井流星、高田純次、小市慢太郎竹中直人近藤芳正、戸田昌宏、南果歩寺尾聰、ほか
主人公・倉田健太(相葉雅紀)は、郊外の一軒家で、父親の太一(寺尾聡)、妹の七菜(有村架純)、母親の珪子(南果歩)と家族4人で暮らしている。健太の職業は売れない商業デザイナーで、人と争うのが苦手で自己主張を貫けず、つい相手に合わせてしまう気弱な性格。そんな性格は父の太一ゆずり。ある日、健太は、ホームで女性を突き飛ばし、割り込み乗車をしようとした男を注意する。柄にもない行為に健太自身も驚くほどだが、仕事が上手くいかない鬱憤からだった。ところが、その日を境に健太の家でストーカー的な嫌がらせが起こるようになる。花壇の花が一本残らず引き抜かれたり、自転車のサドルが切り裂かれたり・・・。(2015年、フジテレビ、連続ドラマ)
近藤芳正:持川徹役 ナカノ電子部品の社長。

 WOOD JOB! 神去なあなあ日常  >>

出演:染谷将太長澤まさみ伊藤英明優香光石研西田尚美マキタスポーツ、有福正志、近藤芳正田中要次柄本明菅原大吉、広岡由里子、清野菜名、小野敦子、永沼伊久也、青木健、ほか
毎日お気楽に過ごしていた、チャランポランな男子・平野勇気(染谷将太)は、大学受験に失敗、彼女にもフラれ、散々な状態で高校の卒業式を迎える。そんな時、ふと目にしたパンフレットの表紙でほほ笑む美女につられ、街から逃げ出すように1年間の林業研修プログラムに参加することに。ローカル線を乗り継ぎ降り立ったのは、ケータイの電波も届かぬ「超」が付くほどの田舎神去(かむさり)村。鹿やら蛇やら虫だらけの山、同じ人間とは思えないほど凶暴で野生的な先輩・飯田与喜(伊藤英明)、命がいくつあっても足りない過酷な林業の現場・・・。耐えきれず逃げ出そうとする勇気だったが、例の表紙の美女・石井直紀(長澤まさみ)が村に住んでいると知り、留まる事を決意するが・・・。(2014年、映画)
近藤芳正:林業組合専務役

近藤芳正 DVD(楽天) 近藤芳正 DVD(アマゾン)



テレビドラマ・映画 キャスト(出演者) TOP>>か行で始まる俳優
>>近藤芳正

サイトマップ

2021年 ドラマ DVD&Blu-ray 2022年 ドラマ DVD&Blu-ray
2019年 ドラマ DVD&Blu-ray 2020年 ドラマ DVD&Blu-ray
2017年 ドラマ DVD&Blu-ray 2018年 ドラマ DVD&Blu-ray
2015年 ドラマ DVD&Blu-ray 2016年 ドラマ DVD&Blu-ray
2013年 ドラマ DVD&Blu-ray 2014年 ドラマ DVD&Blu-ray