テレビドラマ出演者プロフィール>>あ行で始まる俳優>>綾瀬はるか


綾瀬 はるか(あやせ はるか)

(Haruka Ayase)

プロフィール 出演ドラマ&動画


「綾瀬はるか」(Haruka Ayase)のプロフィール(本名、生年月日、血液型、身長、体重、スリーサイズ、靴のサイズ、出身地、出身校、所属事務所、趣味、特技、写真集、DVD、ほか)。最近のドラマ:八重の桜、きょうは会社休みます。、わたしを離さないで、奥様は、取り扱い注意、ほか



広告

テレビドラマ出演者プロフィール TOP


【綾瀬はるかのプロフィール】

氏名 綾瀬 はるか(あやせ はるか)
本名 蓼丸 綾(たでまる あや)
生年月日 1985年 3月 24日
血液型 B型
身長 165cm
体重 50kg
スリーサイズ 88 - 61 - 91cm
靴のサイズ 24.5cm
出身地 広島県広島市安佐南区
出身校 広島県立祇園北高等学校→堀越高等学校卒業、帝京大学短期大学中退
所属事務所 ホリプロ
趣味・特技 映画鑑賞、お菓子作り、カラオケ・陸上、バスケットボール
写真集・DVD 綾瀬はるか 写真集綾瀬はるか DVD
最近のドラマ 八重の桜きょうは会社休みます。わたしを離さないで奥様は、取り扱い注意、ほか
最近の映画 本能寺ホテル
備考 2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界入り。2001年、ドラマ『金田一少年の事件簿』で女優デビュー。


広告

【綾瀬はるかの主なドラマ・映画】

本能寺ホテル
出演:綾瀬はるか堤真一濱田岳平山浩行風間杜夫高嶋政宏近藤正臣田口浩正、佐戸井けん太、平岩紙、迫田孝也、赤座美代子、曽我部洋士、豊田康雄、峰蘭太郎、永野宗典、八嶋智人宇梶剛士、飯尾和樹、加藤諒、ほか
倉本繭子は、ふとしたきっかけで京都の路地裏に佇むレトロな宿“本能寺ホテル”に宿泊する事に。なんとそこは戦国時代に繋がる不思議なホテルだった。一方、時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長は森蘭丸ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、見慣れない格好の女(繭子)が一人、寺に迷い込んでくる。その女は、400年後の世界からやってきた現代人。繭子は自身も訳のわからぬまま、信長と京都の町を見物するなど、交流を深める中で、次第に信長の人間性に惹かれていく。やがて繭子は、1582年の迷い込んだその日が「本能寺の変」が起きる前日である事に気づき…。
ホタルノヒカリ
出演:綾瀬はるか藤木直人板谷由夏安田顕、武田真治、浅見れいな、丸山智己、国仲涼子向井理臼田あさ美、高橋努、中別府葵、市川知宏、君沢ユウキ、井出卓也、佐藤千亜妃、裄V貴彦、真下玲奈、木村多江、石井萌々果、六角精児堀内敬子石坂浩二、ほか
若くして恋愛を放棄しているような生活をしている女性。 それが「干物女」「恋愛するより家で寝てたい」ひうらさとる作の人気コミック『ホタルノヒカリ』の主人公・雨宮蛍(あめみやほたる)が、その代表的な存在。職場ではできるOLを装っていますが、プライベートはだらだら生活。 男っ気はまったくなく、休日はほとんど寝て過ごし、高校時代のジャージーを着て寝転がり缶ビールを飲むという、ぐうたら生活を満喫!「干物女のみなさま、そろそろ恋とかしてみませんか?」というわけで・・・。
僕の彼女はサイボーグ
出演:綾瀬はるか小出恵介桐谷健太吉高由里子、阿井莉沙、佐藤めぐみ、斎藤歩、田口浩正、ドロンズ石本、松本莉緒、六平直政、蛭子能収、伊武雅刀遠藤憲一竹中直人吉行和子小日向文世、ほか
ひとりぼっちで過ごす20歳の誕生日。寂しい大学生ジローの前に、突然キュートな彼女が現れる。彼女と過ごした数時間は人生の中で最も輝ける時間となるが、突然彼女は姿を消してしまう。1年後の21歳の誕生日、ジローは再び彼女に出会う。似ているけれどどこか違う、“完璧"な彼女に。しかしそれは、決して起こるはずのなかった、運命を変えてしまう“恋"の始まりだったー。
ICHI -市-
出演:綾瀬はるか大沢たかお、中村獅童、窪塚洋介、柄本明、竹内力、利重剛、佐田真由美、杉本哲太、横山めぐみ、渡辺えり、並樹史朗、虎牙光揮、沖原一生、斎藤歩、山下徹大、増本庄一郎、ほか
三味線を手に1人で旅をする盲目の女旅芸人・市は、チンピラとのいざこざの中で浪人、藤平十馬と出会う。十馬は市を助けようとするものの手が震えて刀を抜けない。その時市は仕込み杖を一閃し、チンピラをあっさり倒してしまう。その後2人はとある宿場町へとたどり着く。そこは街を仕切る白川組と町外れに根城を構える万鬼一党が抗争を繰り返す場所で、市と十馬も抗争に巻き込まれてしまう。
JIN -仁-
出演:大沢たかお中谷美紀綾瀬はるか麻生祐未小出恵介桐谷健太田口浩正戸田菜穂高岡早紀小日向文世内野聖陽武田鉄矢水沢エレナ平山浩行佐藤二朗佐藤隆太眞島秀和、ほか
幕末の江戸へタイムスリップしてしまった脳外科医・南方仁が、満足な医療器具もない中、人々の命を救っていく。公私共に仁を支えることになる武家の娘・咲、そして現代に残してきた恋人に瓜二つの花魁・野風との運命的な出会い。さらに医術を通して坂本龍馬・勝海舟・緒方洪庵ら幕末の英雄たちとも交流を深めながら、いつしか自らも歴史の渦の中に巻き込まれていく…。
八重の桜
出演:綾瀬はるか長谷川博己オダギリジョー西島秀俊風吹ジュン松重豊長谷川京子谷村美月工藤阿須加門脇麦綾野剛稲森いずみ西田敏行宮崎美子玉山鉄二市川実日子勝地涼水原希子斎藤工芦名星貫地谷しほり風間杜夫池内博之柳沢慎吾北村有起哉岡田義徳小市慢太郎剛力彩芽黒木メイサ竹富聖花嶋政宏中村蒼柄本時生生瀬勝久及川光博反町隆史篠井英介小泉孝太郎榎木孝明小栗旬奥田瑛二前野朋哉、ほか
慶応4年(1868年8月)。板垣退助率いる新政府軍に対し、最新のスペンサー銃を会津・鶴ヶ城から撃つ女がいる。山本八重(23)、後の新島八重である。──会津藩の砲術師範の山本家に生まれた八重は、広い見識をもつ兄・覚馬を師と仰ぎ、裁縫よりも鉄砲に興味を示し、会津の人材育成の指針“什の掟"(子弟教育7カ条)「ならぬことはならぬもの」という理屈ではない強い教えのもと、会津の女として育っていく。八重17歳のころ (1862年)、会津藩主・松平容保が京都守護職に任命されたことで会津の悲劇は幕を開ける。兄・覚馬ら会津軍は、西郷隆盛率いる薩摩軍と共に蛤御門の変で長州軍を破る。そして・・・。
あいくるしい
出演:市原隼人綾瀬はるか神木隆之介、松本梨菜、原田美枝子竹中直人、杉浦直樹、萩原聖人、桜井幸子、本郷奏多、浅野和之南果歩高橋克実高橋ひとみ小栗旬沢尻エリカ塚地武雅、ほか
「生まれたのは、愛されるため。生きるのは、愛するため。」今も自然が残る山間の町に暮らす真柴家の7人家族。愛情溢れるタクシー運転手の父・徹生、しっかり者の長女・みちる、これと思うと真っ直ぐに打ち込む長男・豪、のんびり屋の小学生の次男・幌、お兄ちゃんの後を追うばかりの幼い次女・唄、家族を見守る優しい母・由美、そして家族を支えてくれる祖父・明示。ある日、由美が倒れ、入院することになった。母の入院中、みちるが母代わりになって家事をこなし、豪は自分が入院費を稼ぐといって、学校が終わるとバイトに励んでいた。
わたしを離さないで
出演:綾瀬はるか、鈴木梨央、三浦春馬、中川翼、水川あさみ、瑞城さくら、中井ノエミ、馬場園梓、大西礼芳、伊藤歩、山野海、甲本雅裕真飛聖麻生祐未、井上芳雄、梶原善柄本佑、水崎綾女、ほか
手術台の男性を見つめる女性・保科恭子。その表情は、感情が抜け落ち、全てを諦めているかの様に見える。彼女にはとある使命があった。その使命とは…。20年前、山の中にある陽光学苑で生活していた恭子。この学苑では子どもたちが寄宿舎で生活を共にし、教育を受けていた。ある時、恭子は同級生の土井友彦が男子たちからからかわれ、かんしゃくを起こしているところを見つける。女子のリーダー・酒井美和には「放っておけば?」と言われるが思わず駆け寄る恭子。友彦のかんしゃくは治まらず、恭子を突き飛ばして女子たちの顰蹙をかってしまう。
きょうは会社休みます。
出演:綾瀬はるか福士蒼汰玉木宏仲里依紗、田口淳之介、千葉雄大、水上剣星、渡辺邦斗、井川哲也、神農直隆、金原泰成、吹越満浅野和之高畑淳子平岩紙田口浩正香椎由宇、ほか
老舗商社の帝江物産食品部で事務職を務める青石花笑は、30歳目前にして、未だ男性経験ゼロ、実家暮らしのジミ〜なOL。自分の女子力に自信が持てない一方で、いつか白馬の王子様が迎えにくるという妄想を捨てきれない厄介な「こじらせ女子」。レディースデーの映画鑑賞と愛犬マモルの散歩以外は会社と家を往復するだけの単調な毎日を送っていた。周りに気を遣われないように自分の誕生日も言わないままひっそりと30歳を迎えようとしていた花笑だったが、飲み会の流れで同じ部署の現役大学生アルバイト・田之倉(福士蒼汰)と二人きりに。
高台家の人々
出演:綾瀬はるか斎藤工水原希子、間宮祥太朗、坂口健太郎、大野拓朗、塚地武雅堀内敬子夏帆、シャーロット・ケイト・フォックス、大地真央、市村正親、ほか
平野木絵は、“妄想”が趣味の口下手で不器用なOL。そんな彼女が勤める会社に、ある日、名家“高台家”の長男・光正が転勤してくる。長身でイケメン、祖母がイギリス人のクォーターで、東大卒、オックスフォードに留学経験もある光正と木絵にはまるで接点がない。決して交わるはずのないふたりだったが、光正が木絵をいきなり食事に誘い、その関係は次第に深くなっていく。しかも、木絵が“妄想”で頭の中をいっぱいにしているときに、普段はクールな光正がキュートな笑顔を見せるようになる。まるで彼女の“妄想”を一緒に楽しむかのように。そう、彼は人の心を読める“テレパス”だったのだ。
綾瀬はるか DVD


広告



テレビドラマ出演者プロフィール TOP


俳優リンク
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行