テレビドラマ出演者プロフィール>>さ行で始まる俳優>>佐藤仁美


佐藤 仁美(さとう ひとみ)

(Hitomi Sato)

プロフィール 出演ドラマ&動画


「佐藤仁美」(Hitomi Sato)のプロフィール(本名、生年月日、血液型、身長、体重、スリーサイズ、靴のサイズ、出身地、出身校、所属事務所、趣味、特技、写真集、DVD、ほか)。最近のドラマ:早子先生、結婚するって本当ですか?、黒い十人の女、ひよっこ、ほか



広告

テレビドラマ出演者プロフィール TOP


【佐藤仁美のプロフィール】

氏名 佐藤 仁美(さとう ひとみ)
本名 佐藤 仁美(さとう ひとみ)
生年月日 1979年 10月 10日
血液型 A型
身長 156cm
体重
スリーサイズ 84 - 60 - 86cm
靴のサイズ 23cm
出身地 愛知県名古屋市緑区
出身校 堀越高等学校卒業
所属事務所 ホリプロ
趣味・特技 映画、音楽鑑賞
写真集・DVD 佐藤仁美 DVD
最近のドラマ 早子先生、結婚するって本当ですか?黒い十人の女ひよっこ、ほか。
備考 1995年、第20回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞。同年『海がきこえる』でテレビドラマ初出演。佐藤仁美オフィシャルブログ 佐藤仁美 Twitter


広告

【佐藤仁美の主なドラマ・映画】

幼獣マメシバ
出演:佐藤二朗安達祐実、渡辺哲、高橋洋、志賀廣太郎、角替和枝、渋谷琴乃、佐藤仁美、西田幸治、高橋直純、菅田俊、石野真子笹野高史、藤田弓子、ほか
無職の中年ニート芝二郎は引きこもりの生活を送っていたが、父が旅行先で亡くなり母も家出してしまう。数日後、陽介が二郎の家を訪れ、鞠子に「二郎に渡して欲しい」と頼まれた封筒を届けに来る。中には「芝一郎」名義の通帳が入っていた。「一郎って誰?」と二人が疑問に思っていると自宅の庭にひょっこり柴の子犬が現れる・・・。
黒い十人の女
出演:船越英一郎成海璃子トリンドル玲奈佐藤仁美水野美紀若村麻由美佐野ひなこ、MEGUMI、平山あや、白羽ゆり、ちすん、寺田御子、森田涼花、松本穂香、中山祐一朗、水上剣星、ほか
テレビ局の受付嬢をしている神田久未は、ドラマプロデューサー・風松吉と不倫関係にあった。いけないことだとわかりつつ松吉から離れられないでいる久未にある日、1本の電話がかかる。その相手は松吉の妻と思われる女性だった。彼女と会う約束をした久未は翌日、指定されたカフェに向かい、待ち合わせ相手の佳代と出会う。涙ながらに不倫を謝罪する久未だったが、佳代からは予想外の言葉をかけられることに。ここから松吉と愛人たちによる泥沼の恋愛模様が幕を開ける。
早子先生、結婚するって本当ですか?
出演:松下奈緒貫地谷しほり佐藤仁美、間宮祥太朗、川栄李奈小芝風花八嶋智人、山内圭哉、尾藤イサオ、松坂慶子足立梨花田中圭吉沢亮成宮寛貴平岡祐太佐々木希吉岡秀隆、ほか
主人公の早子は、性格はマイペースでサバサバ。周囲の意見にきちんと耳を貸すが、最後は自分なりの答えを出す芯のある性格で、子供たちの前では、おおらかな心の広い先生・・・と、一見突っ込みどころのない女性のように見える。が、実は、食べることが大好きで酒豪な体育会系。恋愛に関しても無頓着なタイプで、結婚に対して「好きな人と、いつかはしたい」という思いはあるものの、積極的に結婚に向け、何かをしているわけでもなく、焦っているわけでもない・・・。
さよなら私
出演:永作博美、石田ゆり子佐藤仁美藤木直人、橋來、尾美としのり谷村美月、りりィ、水田航生、ほか
誰もが羨むような幸せな家庭を築いた専業主婦・友美。映画プロデューサーとしてのキャリアに生きる独身の薫。高校生の頃、ある事件がきっかけで永遠の友情を誓い合ったが、生き方の違いは2人に距離を作った。同窓会で久しぶりに薫と会った夜。友美にひとつの疑惑が芽生える。夫・洋介と不倫しているのではないか?その真相に迫るとき、友美と薫の心が入れ替わってしまう。過酷な運命に翻弄される2人は、互いに隠していた心の内に初めて気づいていく。
家政婦のミタ
出演:松嶋菜々子、白川由美、長谷川博己忽那汐里、中川大志、綾部守人、本田望結、相武紗季平泉成佐藤仁美、中西龍雅、神尾佑、藤本哉汰、赤座美代子、須永慶、野波麻帆勝地涼、ほか
この物語の主人公は“家政婦”「三田灯(みたあかり)」。料理・洗濯・掃除といった家事を完璧にこなすのですが・・・彼女にはーーーー 感情がありません。“笑わない”“こびない”その立ち振る舞いはまるでロボット、ターミネーター!?ある事情で心に深い悲しみを抱き、生きている実感を持っていません。何を食べても味がせず、暑さも寒さも感じない。ドラマ史上、最も感情のない人間です。そして頼まれた仕事は“何でも”やってしまいます。「人を殺して」と言われたら・・・。
ママさんバレーでつかまえて
出演:黒木瞳向井理、加藤夏希、佐藤仁美、横山めぐみ、片桐はいり、五大路子、京田尚子、小倉一郎、ほか
地元スーパーのバックアップで作られた弱小クラブバレーボールのママさんチーム、その名も「マミーズ」。キャプテンである鈴子を筆頭に、多彩なキャラクターのママさん選手が揃う。成績アップのテコ入れ策として、恩師であるお婆ちゃんコーチを招いた鈴子だが、ひょんなことから若いイケメン男性が登場。俄然やる気を起こしたメンバーたちだが、なぜか鈴子だけは困り顔。それもそのはず、実はこのイケメン男性と鈴子は、みんなには内緒の“ひとまわり年の離れた正真正銘の夫婦"なのだ!!
ナースマンがゆく
出演:松岡昌宏香理奈、横山めぐみ、さとう珠緒、小沢真珠、佐藤仁美、光浦靖子、堤下敦、小野武彦、石黒賢財前直見、岸田今日子、宇梶剛士平泉成、ほか
男性看護師を主人公にしたドラマ『ナースマン』の続編。ドジな男性看護師高沢裕次郎が、先輩看護師や患者とのふれあいの中で成長していく物語。新米として奮闘していた高沢裕次郎を主役に、看護師3年目に突入した彼と周囲の人々との交流を描くハートウォーム・ストーリー。
ひよっこ DVD BOX・Blu-ray BOX
出演:有村架純、古谷一行、沢村一樹木村佳乃、高橋來、峯田和伸、山崎静代、佐久間由衣、羽田美智子、遠山俊也、渋谷謙人、泉澤祐希、柴田理恵、朝倉伸二、尾上寛之、松尾諭津田寛治、宮本信子、佐々木蔵之介佐藤仁美島崎遥香和久井映見、伊藤沙莉、光石研、生田智子、三宅裕司、白石加代子、竹内涼真シシド・カフカ白石美帆菅野美穂、ほか
1964(昭和39)年秋。東京オリンピックが目前に迫っていたが、谷田部みね子は今ひとつ実感が湧かない。みね子は、茨城県の北西部にある山あいの村・奥茨城村で育った。交通の便が悪いため、同じ関東なのに東京は遠い世界のように思える。みね子の家は6人家族。不作の年に作った借金を返すために、父は東京に出稼ぎに行っている。高校を卒業したら、農家の仕事を手伝って祖父と母に楽させてあげたい…。そう思っていたみね子の人生は、お正月に父が帰ってこなかったことで一変する。「お父さんの分も働いて仕送りします。東京に行かせてください」東京に行けば、いつかきっと父に会える気がしたのだ。
太鼓持ちの達人〜正しい××のほめ方〜
出演:手塚とおる、柄本時生木南晴夏鈴木福、大東駿介、南沢奈央浅利陽介佐藤仁美津田寛治前野朋哉、宮地真緒、田中美奈子、落合モトキ、藤吉久美子、前田亜季、岩佐真悠子、ほか
『世渡りWARS』は「ほめワード」というポジティブ兵器でコミュニケーションに悩む人たちを救う究極のシミュレーションオンラインゲーム。ゲームに登場する大佐、作戦参謀、情報分析官と名乗る3人=「太鼓持ちの達人」が、悩める人々に「ほめる」知恵を授け、一癖も二癖もある敵(商談相手やプライベートの知人)を上手にほめて困難を乗り越えていく。しかし、その3人の「太鼓持ちの達人」にも、また一つのドラマが隠されていた…。
死神くん
出演:大野智桐谷美玲菅田将暉松重豊、大原櫻子、林遣都、神保悟志、杉咲花臼田あさ美安田顕佐藤仁美吉行和子伊藤歩鈴木浩介清水くるみ中越典子小市慢太郎田中圭、ほか
死亡予定者に死を宣告し、魂を霊界に送る新米の死神、死神NO.413。「おめでとうございます! お迎えにあがりました」という、どこがどうおめでたいのかわからない決めゼリフとともに現れ、死を迎える人々を見守る死神。しかし、死神NO.413は死神業を始めたばかりの新米ゆえ、時には大事な仕事道具である死神手帳を紛失し、ちょいちょい人間寄りの判断をしがち…。そのたびに冥界のルールを破ることとなり、上司の“主任”に叱責されてしまう。
ちょんまげぷりん
出演:錦戸亮ともさかりえ鈴木福、今野浩喜、堀部圭亮、佐藤仁美忽那汐里、中村有志、井上順、ほか
シングルマザーの遊佐ひろ子は、一人息子・友也の子育てと仕事に追われる忙しい毎日を送っていた。そんなある日、180年前の江戸からやってきた本物のお侍・木島安兵衛と出会う。成り行きでしばらくひろ子の家に居候することになった安兵衛は、お礼に家事をすべて引き受けると宣言。初めはうさんくさいと感じていたひろ子であったが、安兵衛の誠実な人柄と筋の通った男らしさに触れ次第に心を改め、友也も安兵衛に父親といるような安心感を感じ、3人の間にはいつしか本当の家族のような絆が芽生え始める。
佐藤仁美 DVD


広告



テレビドラマ出演者プロフィール TOP


俳優リンク
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行