安田 成美(やすだ なるみ)

(Narumi Yasuda)

プロフィール 出演ドラマ・映画


女優・安田成美(Narumi Yasuda)のプロフィール(本名、生年月日、血液型、身長、体重、スリーサイズ、靴のサイズ、出身地、出身校、所属事務所、趣味、特技、写真集、DVD、出演ドラマ、ほか)。安田成美が出演した最近の主なドラマ:朝が来る、ほか

テレビドラマ出演者プロフィール TOP>>や行で始まる俳優
>>安田成美



安田成美 出演「時をかける少女」予告

安田成美 出演
時をかける少女
>>




サイト内検索
 

俳優リンク
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行



【安田成美のプロフィール】

氏名 安田 成美(やすだ なるみ)
本名 木梨 成美(きなし なるみ)
生年月日 1966年11月28日
血液型 B型
身長 168cm
体重
スリーサイズ
靴のサイズ
出身地 東京都文京区
出身校 女子美術大学付属高校卒業、明治学院大学文学部中退
所属事務所 コッカ
趣味・特技 絵画・書道
DVD 安田成美 DVD(楽天) 安田成美 DVD(アマゾン)
最近のドラマ 朝が来る、ほか
最近の映画 王妃の館、Fukushima 50、ほか
最近の舞台 夜想曲集、挽歌、CRIMES OF THE HEART 心の罪、ザ・空気ver.2、ほか
備考 小学校3年生の時にスカウトされ、1981年、花王ビオレのCMでデビュー。翌年、ドラマ「ホーム・スイート・ホーム」でドラマ初出演。夫はとんねるずの木梨憲武。



安田成美 出演「最後の忠臣蔵」予告

安田成美 出演
最後の忠臣蔵
>>



【安田成美の主なドラマ・映画】

 王妃の館  >>

出演:水谷豊田中麗奈吹石一恵、緒形直人、安達祐実、尾上寛之、青木崇高中村倫也、山中崇史、野口かおる、石橋蓮司安田成美、山田瑛瑠、石丸幹二、菊池銀河、ほか
直木賞作家・浅田次郎自身が「映画化は不可能」と語っていた小説が奇跡の映画化!パリを旅する、個性派揃いのツアー客たちによる、ウィットに富んだ豊かな人間模様が錯綜する。天才小説家・北白川右京を演じるのは水谷豊。時には流暢なフランス語を操りながら、パリの街を闊歩するその姿はどこまでもエレガント!問題を抱えているツアー客たちを、知らず知らずのうちに幸せへ導いてゆく不思議な天才作家をユーモアたっぷりに演じ、稀代の喜劇役者=水谷豊の名を新たに刻んでいる。
安田成美:ディアナ役

 母さん、俺は大丈夫  >>

出演:山田涼介井ノ原快彦、増田貴久、清水富美加間宮祥太朗坂口健太郎浅野和之板谷由夏赤井英和安田成美、ほか
佐々木家の二男・諒平(山田涼介)はサッカー部の副キャプテンとして活躍する高校生。母の萌子(安田成美)は難病で入院生活を送る三男の世話にかかりきり。ある日、諒平は激しい頭痛に襲われ病院に運ばれる。検査の結果は急性脳腫瘍。父・弘(赤井英和)と長男・哲平(増田貴久)は諒平の余命が短いことを知り絶望する。一方、サッカー部の永田監督(井ノ原快彦)は諒平のために県大会予選突破を目指すが、主力を失った有竹純太(間宮祥太朗)ら部員たちは戦意喪失。しかし「勝つ、病気に勝つ」と強い意志を見せる諒平を見て家族や仲間たちは前を向く。諒平は母とふたり再手術をしてくれる病院に移ることに。
安田成美:佐々木萌子役 諒平の母。

 ビブリア古書堂の事件手帖  >>

出演:剛力彩芽AKIRA高橋克実田中圭、水野絵梨奈、安田成美松坂慶子鈴木浩介、北川弘美、トリンドル玲奈内藤理沙、浅香航大、井浦新でんでん大倉孝二佐野史郎、矢田亜希子、ほか
物語の舞台は、鎌倉でひっそりと営業をしている古書店・ビブリア古書堂。その店主・篠川栞子(剛力彩芽)は、古書に関する知識は右に出る者がいないほど豊富で、本について話す時には人見知りということを忘れるほど、雄弁にして情熱的。その彼女が、さまざまな古書にまつわる謎や秘密を、古書に関する膨大な知識量と、鋭い観察眼で解き明かしていく・・・。
安田成美:篠川智恵子役 栞子の母。

 てっぱん  >>

出演:瀧本美織安田成美遠藤憲一、遠藤要、森田直幸、尾美としのり柳沢慎吾富司純子ともさかりえ、長田成哉、松尾諭、前田航基、京野ことみ、赤井英和木南晴夏、竜雷太、小市慢太郎、ほか
広島・尾道の家族と幸せに暮らしていた村上あかり(瀧本美織)は、高校卒業直前、実の祖母が尾道を訪ねてきたことで、自分が養女だと分かる。その後、大阪で就職し、祖母が営む下宿屋で暮らすことに。そこで実の母と祖母がケンカ別れしたことや、それが原因で閉店したお好み焼き店の存在を知った。あかりは、なんとか祖母に笑顔を取り戻して欲しいと、再び店を出すために奮闘する・・・。
安田成美:村上真知子役 あかりの養母。


 HOME 愛しの座敷わらし  >>

出演:水谷豊安田成美、濱田龍臣、橋本愛草笛光子、沢木ルカ、飯島直子草村礼子、佐々木すみ江、織本順吉、小林綾子、ベンガル、菅原大吉、段田安則石橋蓮司、梅沢富美男、山中崇史、高島礼子、ほか
父・高橋晃一(水谷豊)の転勤で、東京から岩手の田舎町へと引っ越してきた高橋一家。新しい住まいはなんと築200年の古民家だった。突然の田舎暮らしに妻・史子(安田成美)は不安でいっぱい。中学3年の長女・梓美(橋本愛)は、転校先の学校で馴染めず、小学5年の長男・智也(濱田龍臣)は、持病の喘息でやりたいサッカーをやれないでいた。晃一の母・澄代(草笛光子)は、最近、認知症の症状が現れつつある様子・・・。そんな一家のまわりで不思議な出来事が起こり始める。どうやらこの家には東北地方の民間伝承で有名な「座敷わらし」が住んでいるようで・・・!?
安田成美:高橋史子役 晃一の妻。

 最後の忠臣蔵  >>

出演:役所広司佐藤浩市桜庭ななみ山本耕史風吹ジュン、田中邦衛、伊武雅刀安田成美、福本清三、柴俊夫、ほか
私たち誰もが知っている忠臣蔵は、まだ物語の途中だった。 討入りから16年間、名誉の死を許されなかった寺坂吉右衛門(佐藤浩市)と瀬尾孫左衛門(役所広司)。二人は、それぞれの使命を果たすためだけに懸命に生きてきた。吉右衛門は赤穂浪士の遺族を捜して全国を渡り歩き、ついに最後の一人にたどり着く。孫左衛門は武士の身分までも捨て素性を隠し、可音(桜庭ななみ)と名付けた内蔵助の忘れ形見を密かに育てあげる。やがて凛とした気品を備えた美しい娘に成長した可音は、天下の豪商の嫡男に見初められる。
安田成美:ゆう役

 時をかける少女  >>

出演:仲里依紗中尾明慶安田成美勝村政信石丸幹二青木崇高石橋杏奈、千代將太、加藤康起、柄本時生、キタキマユ、ほか
母親・芳山和子(安田成美)の願いを叶えるため、1974年代にタイム・リープした芳山あかり(仲里依紗)。偶然出会った大学生・溝呂木涼太(中尾明慶)と行動を共にするうちに、ほのかな恋心が芽生え始める。ふたりの距離は徐々に近づくが、別れの時間はすぐそこに迫っていた。最後に涼太への想いを伝えようと、走り出すあかり。時を超えてまた、ふたりは同じ桜を見ることができるのか・・・。
安田成美:芳山和子役 あかりの母。



 歓喜の歌  >>

出演:小林薫浅田美代子、於保佐代子、田中哲司伊藤淳史安田成美光石研根岸季衣でんでん、猫背椿、笹野高史片桐はいり、ほか
文化会館で働く飯塚主任(小林薫)は、似た名前の2つのコーラスグループを聞き違え、大晦日のコンサートホールをダブルブッキングしてしまう。双方に掛け合うものの、どちらも一歩も譲らず大問題に発展。 安定の上にあぐらをかき、人生テキトーにやりすごしてきた中年公務員は、合唱にかける彼女たちの情熱に右往左往するばかり。さらには夫婦の危機から溜めた飲み屋の勘定まで、日ごろのツケが一気にまわってきて…。
安田成美:五十嵐純子役 みたま町コーラスガールズのリーダー。

 226  >>

出演:萩原健一、三浦友和、本木雅弘、佐野史郎竹中直人鶴見辰吾名取裕子南果歩安田成美八千草薫渡瀬恒彦、ほか
昭和11年2月26日、午前零時。早春の雪が、帝都東京に降りしきっていた。22名の陸軍青年将校に率いられた総勢約1,500名の決死部隊が、それぞれの連隊の営門を出発していった。男が男らしく、女が女らしくあった時代。昭和初期の社会の原動力ともなった若者たちの純粋さが事件を引き起こしたといっても過言でないほど、彼らの一途な情熱は凄絶だった・・・。
安田成美:田中久子役 田中勝(関口誠人)の妻。

 任侠ヘルパー  >>

出演:草g剛安田成美夏帆風間俊介香川照之、りりィ、品川徹、左時枝、黒木メイサ、堺正章、草村礼子杉本哲太宇崎竜童、ほか
指定暴力団「隼会」を抜け、堅気となった元極道者・翼彦一(草g剛)はコンビニで働きながら細々と暮らしていたが、ある事件がきっかけで逮捕されてしまう。刑務所で逮捕の原因となった渡世人の老人と再会し、元極道であることの生きづらさを感じていた彦一は、出所後、その老人のツテを頼って、「極鵬会」という組を訪れ、そこで再び裏の仕事に手を染め始める。その仕事は、老人相手の闇金と・・・。
安田成美:蔦井葉子役 シングルマザー。ヤクザの娘。

安田成美 DVD(楽天) 安田成美 DVD(アマゾン)




テレビドラマ出演者プロフィール TOP