テレビドラマ出演者プロフィール TOP>>2017年、秋ドラマ>>陸王


陸王

ドラマ出演者(キャスト)


TBSテレビ、日曜劇場「陸王」のドラマ出演者(キャスト)、あらすじ、主題歌、原作、についての情報をお届けしています。陸王の主な出演者:役所広司、檀ふみ、山ア賢人、上白石萌音、内村遥、天野義久、吉谷彩子、春やすこ、上村依子、正司照枝、阿川佐和子、志賀廣太郎、光石研、キムラ緑子、寺尾聰、竹内涼真、音尾琢真、和田正人、宇野けんたろう、前原滉、花沢将人、佐藤俊彦、石井貴就、安藤勇雅、佐野岳、山本涼介、ピエール瀧、小籔千豊、市川右團次、風間俊介、馬場徹、桂雀々、ほか


陸王
DVD BOX
>>>

陸王
Blu-ray BOX
>>>


テレビドラマ出演者プロフィール TOP


陸王

「勝利を、信じろ」

足袋(たび)作りの老舗が、ランニングシューズに挑む。

埼玉県行田市にある、足袋作り百年の老舗「こはぜ屋」。

とは言っても、その実態は従業員二十名の零細企業。

業績はジリ貧。

社長の宮沢紘一(役所広司)は、資金操りに頭を抱える日々を送っていた。

そんなある日、思いついたのは、ランニングシューズの開発だった。

これまで培った足袋製造の技術を生かして、「裸足感覚」を追求したランニングシューズの開発はできないだろうか?

しかし、様々な障壁が立ちはだかる。

資金難、素材探し、開発力不足。

それに加え、大手シューズメーカーによる妨害・・・。

勝利を、信じろ!

困難に立ち向かう彼らに、未来はあるのか?

陸王 第一話 あらすじ

埼玉県行田市にある足袋製造会社「こはぜ屋」。

足袋製造は、今の日本において、斜陽産業である。

その四代目社長・宮沢紘一(役所広司)は、今日も資金繰りに頭を悩ませていた。

そんなある日、メインバンクである埼玉中央銀行へ、追加融資の相談に訪れる。

なんとか今回の稟議は受け付けてもらえたが、融資担当の坂本(風間俊介)から、新規事業を考えてみてはどうかと提案をされる。

宮沢にとっては突飛な話だったが、足袋製造会社としてこれまで培った技術が活かせる方法を考え始める。

出た結果は、裸足感覚を追及したランニングシューズの開発だった。

スポーツ用品店の店主でランニングインストラクターの有村融(光石研)を紹介されると、豊橋国際マラソンを見に行こうと誘われる。

それは、ライバル的存在の実業団ランナー・茂木(竹内涼真)と毛塚(佐野岳)が出場することで話題となっている大会だ。

宮沢は息子の大地(山ア賢人)とともに豊橋へ向かった。

陸王 第二話 あらすじ

「こはぜ屋」存続のために取引先銀行から勧められた「リストラ」と言う提言を振り切り、「陸王」開発の覚悟を決めた宮沢。

しかし、開発への道のりは遠く険しいものだった。

一番の課題は、靴底のソール部分だ。

試作で採用された生ゴムのソールでは、耐久性に欠ける。

そこで従来の素材に見切りをつけ、以前、坂本から紹介された、繭で作られた特殊素材「シルクレイ」を思い出す。

「シルクレイ」は有望な素材だと、ランニングインストラクターの有村から太鼓判を押されたが、その特許を持つのは飯山という人物だ。

飯山は2年前に自社を倒産させてしまい、それから消息不明だったのだが、坂本の助けもあり宮沢は飯山と会えることに。

しかし飯山は、多額の特許使用料を要求してきた。

一方、レース中に足を痛めてしまった茂木は、アトランティスからの契約を打ち切られてしまう。

陸王 第三話 あらすじ

宮沢の懸命な説得によって、飯山の協力を得られるようになり、「陸王」開発にかかせない素材「シルクレイ」を使用できることになった。

そして、飯山は特許使用の条件として、自分自身も「陸王」の開発チームに加わりたいと申し出る。

大地も加わり、「陸王」のソール開発が始まった。

しかし、理想の堅さの「シルクレイ」開発は、そう容易いものでは無かった。

一方、アトランティスからスポンサード契約を打ち切られた茂木は、怪我を治すため藁をも掴む思いで宮沢が送ったゴム底の「陸王」に足を入れた。

その履き心地に驚きを隠せない茂木だったが、走るうちにソールの不安定さが露呈してしまう。

だが、飯山と大地は、苦労に苦労を重ねて、やっと理想のソールが完成させる。

TBSテレビ、日曜劇場「陸王」より)



広告

陸王 主題歌

 「陸王」 オリジナル・サウンドトラック 


陸王 原作

「陸王」 池井戸潤

DVD BOX・Blu-ray BOX

TBSテレビ系列

2017年10月15日 日曜 よる9:00スタート

初回2時間スペシャル

見逃し配信(TVer)無料

陸王 主な出演者(キャスト)

役所広司(やくしょこうじ)
(Koji Yakusho)
宮沢紘一(みたざわこういち)
(Koichi Miyazawa)
「こはぜ屋」の4代目社長。時代の変化に伴い、足袋の需要が年々減少している中、老舗足袋屋の経営を立て直す打開策として、マラソン足袋「陸王」の開発をスタートさせる。しかし、シューズ作りのノウハウも無く、開発費などの資金繰りにも窮するなどなど前途は多難で…。
役所広司:1956年1月1日生、血液型AB型、身長179cm、長崎県諫早市出身、最近の主な出演ドラマ:おやじの背中、陸王、ほか。
檀ふみ(だんふみ)
(Fumi Dan)
宮沢美枝子(みやざわみえこ)
(Mieko Miyazawa)
紘一の妻。「こはぜ屋」の社長として奮闘する夫を家庭で支える良き妻。就職活動で悩む大地はもちろん、家族のことを全て把握しており、その言葉が気づきになることもしばしば。
山ア賢人(やまざきけんと)
(Kento Yamazaki)
宮沢大地(みやざわだいち)
(Daichi Miyazawa)
紘一の長男。大学を卒業したものの就職に失敗。「こはぜ屋」の手伝いをしながら就職活動をしているが、自分が本当にやりたいことを見つけられずモヤモヤしている。将来性の無い足袋屋は継ぎたくないと、父親に反発しているが…。
山崎賢人:1994年9月7日生、血液型A型、身長178cm、東京都板橋区出身、最近の主な出演ドラマ:35歳の高校生チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮弱くても勝てます水球ヤンキースまれデスノート好きな人がいること、陸王、ほか
上白石萌音(かみしらいしもね)
(Mone Kamishiraishi)
宮沢茜(みやざわあかね)
(Akane Miyazawa)
紘一の娘。塾通いに部活と、青春を謳歌している高校3年生。父のことが大好きで、就職の決まらない大地のことも心配し、何かあればそれとなく父に伝えている。家族思いの娘。
内村遥(うちむらはるか)
(Haruka Uchimura)
安田利充(やすだとしみつ)
(Toshimitsu Yasuda)
係長。「こはぜ屋」では中堅社員だが、面倒見もよく従業員たちのまとめ役で、宮沢と富島の間に入り“緩衝材”にもなっている。楽天家で好奇心旺盛で、新規事業にも興味を示す。通称・ヤス。
天野義久(あまのよしひさ)
(Yoshihisa Amano)
江幡晃平(えばたこうへい)
(Kohei Ebata)
椋鳩運輸セールスドライバーで「こはぜ屋」に出入りしている。高校時代は陸上部・長距離の有名選手だったこともあり、「陸王」の開発に協力することに。
吉谷彩子(よしたにあやこ)
(Ayako Yoshitani)
仲下美咲(なかしたみさき)
(Misaki Nakashita)
縫製課従業員。ベテラン揃いの縫製課の中で最年少。高校を卒業してすぐ「こはぜ屋」に就職し、ミシンの使い方はもちろん、社会人としての心得まで、ここで身に付けた。
春やすこ(はるやすこ)
(Yasuko Haru)
水原米子(みずはらよねこ)
(Yoneko Mizuhara)
縫製課従業員。あけみに続く縫製課のナンバー2的存在。仲間の従業員たちへの気配りもよく、あけみの手助けをしつつ縫製課を支えている。
上村依子(かみむらよりこ)
(Yoriko Kamimura)
橋井美子(はしいよしこ)
(Yoshiko Hashii)
縫製課従業員。縫製課のムードメーカー。誰よりも声が大きく、社長の宮沢に対しても、忌憚の無い意見をぶつけることも。
正司照枝(しょうじてるえ)
(Terue Shoji)
西井冨久子(にしいふくこ)
(Fukuko Nishii)
縫製課従業員。縫製課の最年長者で、宮沢のことも生まれたときから知っている古株。最盛期から現在に至るまで「こはぜ屋」と共に生きてきた。
阿川佐和子(あがわさわこ)
(Sawako Agawa)
正岡あけみ(まさおかあけみ)
(Akemi Masaoka)
縫製課のリーダー。縫製課の女性人を束ねる元気一杯のおばさんで、その縫製技術は国宝級と言われるほど。責任感も強く、あけみがいないと縫製課は成り立たないと、富島もあけみには頭が上がらない。
志賀廣太郎(しがこうたろう)
(Kotaro Shiga)
富島玄三(とみしまげんぞう)
(Genzo Tomishima)
専務取締役、経理担当。先代の社長時代から働く「こはぜ屋」の大番頭。新規事業を進めたい宮沢に対し、ときに厳しい現実を突きつけるが、会社を守りたい気持ちは宮沢と変わらない。通称・ゲンさん。
志賀廣太郎:1948年8月31日生、血液型AB型、身長165cm、兵庫県→東京都出身、最近の主な出演ドラマ:dinner銭の戦争リスクの神様リバース、陸王、ほか
光石研(みついしけん)
(Ken Mitsuishi)
有村融(ありむらとおる)
(Toru Arimura)
スポーツショップ経営者。スポーツメーカーに勤務後、独立してスポーツショップを経営。ランニングインストラクターとしての肩書きも持ち、知識も豊富で「陸王」の開発にも助言する。
光石研:1961年9月26日生、血液型A型、身長173cm、福岡県八幡市出身、最近の主な出演ドラマ:泣くな、はらちゃん潜入探偵トカゲ東京バンドワゴン夜のせんせいおやじの背中Nのためにウロボロスアイムホームど根性ガエルサイレーン不機嫌な果実ON砂の塔フランケンシュタインの恋、陸王、ほか
キムラ緑子(きむらみどりこ)
(Midoriko Kimura)
飯山素子(いいやまもとこ)
(Motoko Iiyama)
山っ気のある夫・飯山のことを、文句も言わずに支えてきたが、飯山が会社を倒産させてからは、自らパート仕事へ出て生活を支えている。
キムラ緑子:1961年10月15日生、血液型O型、身長161cm、兵庫県洲本市出身、最近の主な出演ドラマ:雲の階段ごちそうさん医龍4東京スカーレットゴーストライター偽装の夫婦僕のヤバイ妻奪い愛、冬就活家族、陸王、ほか
寺尾聰(てらおあきら)
(Akira Terao)
飯山晴之(いいやまはるゆき)
(Haruyuki Iiyama)
「シルクレイ」の特許所持者。「飯山産業」の元社長。繭の特殊加工技術を考案し「シルクレイ」を生み出したが、開発に莫大な資金をかけたことで会社は倒産。死蔵特許となってしまった「シルクレイ」を頼りに、一発逆転を狙っている。
寺尾聰:1947年5月18日生、血液型A型、身長176cm、神奈川県横浜市出身、最近の主な出演ドラマ:軍師官兵衛ようこそ、わが家へ仰げば尊し、陸王、ほか
竹内涼真(たけうちりょうま)
(Ryoma Takeuchi)
茂木裕人(もぎひろと)
(Hiroto Mogi)
「ダイワ食品」陸上部員。箱根駅伝5区を走った有力選手。期待の新人として注目を浴びる中、豊橋国際マラソンレースでひざを痛めてしまう。故障の原因は走法によるものだと判明し、フォーム改良に取り組み復活を目指す。
竹内涼真:1993年4月26日生、血液型A型、身長185cm、東京都出身、最近の主な出演ドラマ:下町ロケットスミカスミレ時をかける少女ラストコップひよっこ過保護のカホコ、陸王、ほか
音尾琢真(おとおたくま)
(Takuma Otoo)
城戸明宏(きどあきひろ)
(Akihiro Kido)
「ダイワ食品」陸上部監督。ライバル「アジア工業」打倒を目標に掲げ、日々、部員たちを叱咤する。スポンサーである「アトランティス」の圧力を感じつつも、部員たちを守るために自らが盾になることも厭わない熱血漢。
和田正人(わだまさと)
(Masato Wada)
平瀬孝夫(ひらせたかお)
(Takao Hirase)
「ダイワ食品」陸上部員。後輩たちの面倒見もよく、陸上部・選手たちのまとめ役として周りから慕われている兄貴分。ベテラン選手だが、長距離ランナーとしての自分の才能に限界を感じている。
和田正人:1979年8月25日生、血液型O型、身長172cm、高知県土佐郡出身、最近の主な出演ドラマ:ごちそうさんルーズヴェルト・ゲームゼロの真実最強のふたりスペシャリスト地味にスゴイ!おんな城主 直虎黒革の手帖、陸王、ほか
宇野けんたろう(うのけんたろう)
(Kentaro Uno)
立原隼人(たちはらはやと)
(Hayato Tachihara)
「ダイワ食品」陸上部員。陸上部員のエース的存在。
前原滉(まえはらこう)
(Ko Maehara)
加瀬尚之(かせなおゆき)
(Naoyuki Kase)
「ダイワ食品」陸上部員。
花沢将人(はなざわまさと)
(Masato Hanazawa)
内藤久雄(ないとうひさお)
(Hisao Naito)
「ダイワ食品」陸上部員。
佐藤俊彦(さとうとしひこ)
(Toshihiko Sato)
川井(かわい)
(Kawai)
「ダイワ食品」陸上部員。
石井貴就(いしいたかなり)
(Takanari Ishii)
水木(みずき)
(Mizuki)
「ダイワ食品」陸上部員。
安藤勇雅(あんどうゆうが)
(Yuga Ando)
端井(はしい)
(Hashii)
「ダイワ食品」陸上部員。
佐野岳(さのがく)
(Gaku Sano)
毛塚直之(けづかなおゆき)
(Naoyuki Kezuka)
「アジア工業」陸上部員。日本の陸上長距離界を担う天才ランナーとして、注目を浴びている選手。かつて箱根駅伝5区で茂木とデッドヒートを繰り広げたが、今では選手として茂木を大きくリードしている。
山本涼介(やまもとりょうすけ)
(Ryosuke Yamamoto)
吉田(よしだ)
(Yoshida)
「アジア工業」陸上部員。
ピエール瀧(ぴえーるたき)
(Pierre Taki)
小原賢治(おばらけんじ)
(Kenji Obara)
米国の一大スポーツ用品メーカー「アトランティス」の日本支社・営業部長。徹底した結果主義に基づき、利用価値のなくなった選手はドライに切り捨てていく。利益至上主義の男。
ピエール瀧:1967年4月8日生、血液型AB型、身長179cm、 静岡県静岡市出身、最近の主な出演ドラマ:とと姉ちゃん、陸王、ほか
小籔千豊(こやぶかずとよ)
(Kazutoyo Koyabu)
佐山淳司(さやまじゅんじ)
(Junji Sayama)
小原の部下の営業担当。結果主義の小原の顔色を伺いながら、担当先の「ダイワ食品・陸上部」へ出入りしている。小原の腰巾着のような存在。
市川右團次(いちかわうだんじ)
(Udanji Ichikawa)
村野尊彦(むらのたかひこ)
(Takahiko Murano)
ランニングシューズ業界のカリスマ的存在で、多くの選手に慕われているシューズ調整のプロ。職人としてのプライドを高く持ちながら、選手のことを第一に考え仕事に臨むベテラン・シューフィッター。
風間俊介(かざましゅんすけ)
(Shunsuke Kazama)
坂本太郎(さかもとたろう)
(Taro Sakamoto)
埼玉中央銀行行田支店企業融資担当。企業の大小ではなく、人との繋がりを大切に考える銀行マンで、「こはぜ屋」の将来を考え、新規事業を始めるべきだと宮沢社長に提案。「こはぜ屋」をバックアップするのだが…。
風間俊介:1983年6月17日生、血液型A型、身長164cm、東京都墨田区出身、最近の主な出演ドラマ:救命病棟24時ダンダリン僕のいた時間あすなろ三三七拍子下剋上受験、陸王、ほか
馬場徹(ばばとおる)
(Toru Baba)
大橋浩(おおはしひろし)
(Hiroshi Ohashi)
埼玉中央銀行行田支店企業融資担当。坂本の上司。「こはぜ屋」の新規事業に対して懐疑的な考えを持ち、提案した坂本に対しも、それでは益々「こはぜ屋」の経営悪化を招くとして叱責する。
桂雀々(かつらじゃくじゃく)
(Jakujaku Katsura)
家長亨(いえながとおる)
(Toru Ienaga)
埼玉中央銀行行田支店支店長。中小零細企業に対して“助け舟”となる融資を渋り、確実な利益だけを追求する堅物男。「こはぜ屋」に新規事業を提案した坂本のことをよく思っていない。


広告




N
H
K
西郷どん
(Sego-don)
おんな城主 直虎
(Onna joshu Naotora)
わろてんか
(Warotenka)






陸王
(Rikuou)
今からあなたを脅迫します
(I threaten you now)
民衆の敵 世の中、おかしくないですか!?
(Enemy of the people)
明日の約束
 (Ashita no Yakusoku)
監獄のお姫さま
(Princess of the prison)
相棒 season16
(Aibou)
奥様は、取り扱い注意
(Okusama wa Toriatsukai Chui)
科捜研の女 第17シーズン
(Woman of Science Research Institute)
ドクターX 〜外科医・大門未知子〜 第5シリーズ
(Doctor-X Surgeon Michiko Daimon)
刑事ゆがみ
(Keiji Yugami)
ブラックリベンジ
(Black revenge)
コウノドリ
(Kounodori)
重要参考人探偵
(Juyo Sankonin Tantei
先に生まれただけの僕
(Saki ni umaretadake no boku)
オトナ高校
(Adult High School)
さくらの親子丼
(Oyakodon of Sakura)


テレビドラマ出演者プロフィール TOP


俳優リンク
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行